蛍雪の宿 尚文

山なみ連なるみなかみの大自然と澄んだ空気。天然木田舎造りの宿の中に一歩足を踏み入れれば、そこは懐かしい田舎の休日。旅の汗を天然温泉の貸切風呂で流していただき、地元奥利根の食材をふんだんに使った自慢の山人料理をご堪能ください。風の香りや虫の声,小川のせせらぎ,星のまたたき,自然の安らぎがここにあります。 どうぞごゆっくりおくつろぎくださいませ。
店舗名
蛍雪の宿 尚文
電話番号
0278-72-2466
住所
群馬県利根郡みなかみ町綱子277
URL
https://www.syoubun.com/
カードを提示で
未定

山人料理と貸切露天風呂、心づくしの田舎宿
山なみ連なるみなかみの大自然と澄んだ空気。天然木田舎造りの宿の中に一歩足を踏み入れれば、そこは懐かしい田舎の休日。旅の汗を天然温泉の貸切風呂で流していただき、地元奥利根の食材をふんだんに使った自慢の山人料理をご堪能ください。風の香りや虫の声,小川のせせらぎ,星のまたたき,自然の安らぎがここにあります。 どうぞごゆっくりおくつろぎくださいませ。

お客様へくつろぎの時間を
尚文は “寛ぎの時間”という言葉でも形でもいまいちはっきり表現できないものを大事にしています。だから、お客様にいただいてうれしいのは 「ゆっくりできた」「くつろげた」のひとこと。実はこのお言葉、お食事だけご満足いただいても温泉だけご満足いただいてもなかなかいただけないものなのです。総合的に評価していただいて初めてもらえる言葉だからこそ、尚文はこれを1番大切にしています。ごゆっくりお寛ぎいただけるよう、スタッフはお呼びがあるまで客室には伺いません。お越しいただいたお客様に、実家や田舎に帰ってきたような、気を使わずのんびりできる時間を 味わっていただけると嬉しいですね。お客様にとって居心地の良い癒しの場所でありたいです。

地元愛と食材へのこだわりでは負けません
祖父の尚文が創業した民宿の時代から、当時は畑仕事と宿泊業の両方をしながら、お客様に手作りのたくあんや白菜漬をお出ししていました。
今でも、畑や田んぼで丹精込めて育てた野菜にお米、みんなでかごを背負って収穫しに行く山菜やきのこ、清流で育った川魚や、自家製食材が尚文のおもてなし食材です。梅酒や味噌も一から仕込む無添加の手作り。“とれるものはとる!作れるものは作る!”というのが尚文調理場の信念です。
メニューも味付けも、素材本来の味はとれた場所で食べなければわからないという思いのもと、尚文でしか味わえないものをと常に考えており、大地が育んだ尊い命をいただくからこそ、ひとつひとつの食材を大切にしています。
地元の新鮮でおいしい食材を多くの方に知っていただき、たくさん食べてもらいたいですね。有名な伝統食は多くはありませんが、これらを継承していく担い手にもなりたいと思っています。
当館のお料理をきっかけに、みなかみの食材のおいしさと、みなかみの自然の良さを知ってくださるお客様が増えてくださることが何よりもうれしいです。
たくさんのお客様に四季を通じて、尚文をそしてみなかみを、五感で楽しんでいただけたら幸せです。